玄米クリームの素
5535f2993bcba9430d0008de

玄米クリームの素

¥1,620 税込

送料についてはこちら

【玄米食が難しいという方におすすめ】  お湯を注ぐだけで玄米の栄養が摂取できます。玄米は体に良いとわかっていても、なかなか食べる機会がない、という方におすすめです。食物繊維やビタミン、ミネラルが腸内環境を整え、体を元気な状態に保ってくれます。 【吸収しやすい緻密なデンプン質】  デンプン粒子でも大きい、小さいという違いがあります。小さい方が胃腸での吸収率が良くなります。玄米のデンプンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンと違い、非常に緻密で、引き締まった構造(陽性)をしています。 【焙煎することで、デンプンが高エネルギー物質に変化】  生のデンプンは吸収性が悪いので、火のエネルギーを加えて、細かなデンプンの一つ一つを活性化していく必要があります。鉄は火と水と叩く圧力で鍛え抜かれると、ハガネという鉄をも切れる金属に変化します。それと同じように、玄米を火で焙煎し、水で炊いてから裏ごしすることで、デンプンがアルファー化され、鍛え抜かれたパワーの強いエネルギー体に転換します。 【手軽になった玄米クリームの素】  本来は、玄米クリームは玄米を炒って、その10倍の水を入れて炊き、全体量の1割が減った時に裏ごしして、さらにそれを半分になるまで煮詰めます。手間がかかるため、なかなか作れないという方のために製品化したのが「玄米クリームの素」です。 長時間蒸し焼きにした玄米を微粉末にしているので、お湯を注ぐだけで手軽に玄米クリームができあがります。 【病み上がりの回復食や胃腸の強化食におすすめ】  病み上がりの方の回復食として重湯がわりに用いると、元気や活力がみなぎります。入院中は、お湯を注ぐだけで飲めるので、とても便利です。微熱がある時や、食欲がない時の改善薬としておすすめです。また、胃腸の発達が未塾な赤ちゃんの離乳食として、アレルギー体質の方の胃腸の強化食として用いてもよいでしょう。 【朝食やプチ断食にも活用できる】  甘酒の代わりに玄米クリームと使った断食も、腸のデトックス効果抜群です。お腹が空かずに楽に実践できます。朝食のことを英語でブレックファストといいますが、これはファスト(断食)をブレイク(壊す)する、つまり断食明けの食事という意味です。胃腸が目覚めたばかりの朝食には、玄米クリームが最適です。胃腸が弱くて、玄米を食べるとやせてしまう、という方にもおすすめです。 【飲み方】  お湯150ccに小さじ2杯程度の玄米クリームの素を入れ、スプーンでよくかき混ぜてお召し上がりください。鍋で1~2分煮ると、とろみが出て、さらにおいしくなります。お好みで塩やごま塩・鉄火味噌などをかけてお召し上がりください!